出展者紹介・藤森ちかこ


出展者紹介・藤森ちかこ 毎年、森の中で出会える小さな生き物を展示してくれる藤森さん。今年もめいいっぱいかわいく、そしてちょっとおとぼけな動物を作ってくれます。 家族で京丹波の森の中で暮らし、その中で生まれてくる日々の想像を形にしているのでしょうか?藤森さんの作品を通してみる森は優しさでいっぱいです。

Q:昨年は森の中に出会うとうれしくなるオブジェを作られていました。 今年はどのようなモノを作られますか?

A:森の展示室のために作っていた大きな作品は、残念ながら焼成で失敗してしまったのですが、、、 ひっそりと、昨年の展示に繋がる・・森に繋がる・・ような展示になればと思っています。 同士のような?カップルのような?対の作品を予定しています。

Q:夫婦で陶芸をされていますが、どのような暮らしをされていますか?

A:それぞれの制作に手を出すことはありませんが、同業ゆえに頼りにしているところは大きいです。  最近では展覧会の時期が重ならないようにして、どちらかが集中して作れるように心がけています。

Q:制作において大切にされていることをお聞かせください。

A:作る上では仕上がりの丁寧さや、逆に手を掛け過ぎないようにと意識しています。  ふっと思いついたことで手が動いていくスタイルで、、これからもずっとそうなんだろうと思います。  今、住んでいる京丹波の自然からの恩恵も受けて、制作はとても楽しいです。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア